2005年10月23日

カフスボタンは難航中

s-051022 up.jpg s-051022 dn.jpg 

ステンドグラス用のガラスを使って、シルバーの素材でカフスボタンを作っています。
もう出来上がっても良い頃なのですが・・・何回も失敗して作り直しています。

やっと一つぶんの、枠と底が出来ました。ヤスリがけはこれから。
底に穴をあけて、きっちりサイズに作った枠から、嵌め込んだガラスを
針などで取り出しやすいようにします。

まだまだ、先が長い・・。


posted by whitecoat at 22:05 | TrackBack(0) | シルバーとガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ガラスの指輪

妹からもらったアクセサリーの本の中に
シルバーワイヤーを使った指輪の作り方が載っていました。

4579107829アンティークテイストのビーズアクセサリー
沢登 松子

by G-Tools


s-grass_ring.jpg

ガラスのミルフィオリビーズを使って指輪を作ると
かなりイイ感じです。自己満足・・。
posted by whitecoat at 00:00 | TrackBack(1) | シルバーとガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

純銀粘土その2

s-clay_syringe.jpg

ユザワヤ店頭講習会、今回はシリンジタイプ(注射器タイプ)に挑戦です。
純銀粘土の本を見ると、これはとっても簡単そう♪のノリだったのですが・・。


続きを読む
posted by whitecoat at 00:00| シルバーとガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

純銀粘土その1

s-artclay.jpg

またまた、ユザワヤさんの店頭無料講習会、純銀粘土の巻です。
勿論、材料費は実費ですよ〜。初回は2千円かからなかった程度です。

母が彫金を長いことやってまして、その作業を背中越しに見ていた私は、
絶対にこの工芸をやることはないだろうな・・・と思っていました。
すごーーくコツコツと地道な作業がお好きな方向きで、私なんて
とてもとても・・。

ただ、純銀粘土は本を見る限りでは少し簡単そう!?
ということで、まずは1回やってみましょうとチャレンジしてきました。



続きを読む
posted by whitecoat at 16:15 | TrackBack(0) | シルバーとガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

シルバー工芸に着手

ステンドグラスを始めてからなんですが、シルバーにも挑戦したくなりました。
どうしても出てしまう端材の中でも綺麗なガラスが沢山あるんですね。
アクセサリーにも活用できないかな〜と考えつつ、そうなると半田仕上げのもの
も良いのですがシルバー仕上げもやってみたいと思うようになったのです。

実家の母が以前からシルバー工芸をしていたのですが、傍目から見てやろう!
なんて思いもいませんでした。作業が地道で細かすぎ〜という印象で、
とても私には合わないと思っていたのですが・・・。

さて、ステンドの先生から分けていただいた綺麗な赤いガラス。
ガラスをよくよく見て、!まずはカフスボタンを作ろうと思い立ったわけです。
実家の母にお願いして作り方を指導してもらうことにしました。
完成予想では、正方形のガラスが装飾面になります。

「縦横寸法、正確に揃えてきてね」との母からの指令。

s-nogisu.jpgs-RYOBI 2.jpg

ノギスで測りながら、「う〜〜ん、私の性格にはこの工芸、合わないヨカーーン汗。」
一生懸命パワフルダイヤで研削しながら13mm角に仕上げました。


続きを読む
posted by whitecoat at 09:40 | TrackBack(0) | シルバーとガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。