2008年02月25日

横浜市開港記念会館

s-080223 002.jpg

横浜市開港記念会館です。
1917(大正6)年に横浜市の公会堂として竣工した建物です。

関東大震災で時計塔と一部の壁を除いて崩れ、内部・屋根ドームなどは消失。
資料室に震災後撮影した写真が展示されていたのですが、ほぼ壊滅的な姿になってしまいました。

現在の建物は1927(昭和2)年に震災復旧工事にて竣工した建物です。
内部ステンドグラスを含めて、当初のものを尊重して復刻しました。

続きを読む
posted by whitecoat at 17:47 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

銀座 BAR yu-nagi

s-071208yu-nagi ent.jpg

銀座6丁目 交詢社ビル北側にある BAR yu-nagi
雑居ビルの地下を降りてドアを開けると、このパネルがお出迎えします。








続きを読む
posted by whitecoat at 22:30 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

南青山/ART&SCIENCE のステンドグラス

s-art&science1.jpg

南青山の ART&SCIENCE のステンドグラスです。
↑サイトのオープニングフラッシュに、屋内から見た画像が見られますが、
とっても素敵です。

他の場所に嵌っていたステンドグラス(時代的にはさほど古くない模様)と
新たに制作したステンドグラスをエントランス側一面に構成したのは、
こちらのオーナーさんなのだとか。卓越した素晴らしいセンスだと思います。

岡山・倉敷のSHOPあるいは工房が、古いパネルを集めていて、なおかつ新規のパネル制作をしたそうです。来店するお客さんからこのステンドグラスの問い合わせが相次ぎ、こちらのSHOPに、急遽ステンドグラス制作者サイドの案内を沢山用意したのですが、それもあっという間になくなってしまったそうで・・・制作者サイドのお名前まではわかりませんでした。ご存じの方がいらっしゃったら教えてください!

s-art&science2.jpg

タイミングが合えば、色ガラスの透過光が店内空間に投影されてとても綺麗なのだとか、一期一会の光です!見たかったな〜。
個人での店内の撮影はNGなのですが、こちらにSHOPの概要と内装が見られます。
posted by whitecoat at 00:28 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

盛岡/光原社

s-070428 175kogen.jpg s-070428 184kogen.jpg

盛岡の光原社です。

全国の秀逸なクラフトを集めたショップです。

盛岡駅に比較的近くに、鉄器や竹細工を扱うモーリオ、材木町商店街通りを挟んで対面する光原社本店。本店奥には、ゆるやかに流れる北上川護岸までの細長い敷地に路地を形成していて、喫茶やギャラリーなどの建物が心地よく配置されています。路地奥から北上川を望む景観がまた良いですね〜。

続きを読む
posted by whitecoat at 00:00 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

東村山教会

s-070114 topgl2.jpg s-070114 topsl.jpg

東村山教会のステンドグラスです。

s-070114 012gl2jpg.jpg s-070114 026sl.jpg 

こちらのステンドグラスは、フュージング技法で作られたガラスを鉛線で組んだ
ものです。


s-070114 040gl.jpg

デザイン・制作はミュージテの高井啓司さん。

s-070114 029saidan.jpg

シンプルな構成の中に美しさがある、主張し過ぎない美しいガラスと清楚が空間が印象的でした。

東村山教会

posted by whitecoat at 22:12 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

萩山神の教会

s-070114 049left2.jpg s-070114 044light2.jpg

日曜日、たまたま通りがかった道沿いにステンドグラスが嵌った建物を発見。
萩山神の教会 というところでした。

外からしげしげとパネルを見て・・、やっぱり中から見てみたい!
入口のところに回ると、人影が・・・、どうしようかと思いましたが
思い切ってドアを開けて見学を申し込みました。

「いやー、礼拝が終わって今帰るところだったんです。
あと5分遅かったら閉めてました。どうぞ中をご覧ください」

親切に案内していただきました。こちらはプロテスタントで偶像崇拝しない
教会です。キリストなどの神様の像を象徴として祀らないのです。
キリストの教会でもいろいろな宗派があって、その考えをガラスに表したステンドグラスを見る読み解くのも興味深いことです。

イスラエルのマークということは旧約聖書?
頂いたパンフレットにはヨハネの黙示録の言葉がつづられています。
映画「十戒」の世界を思い出しますが、、、真剣に勉強したこともないので
そこらへんはあやふやでして・・・。

■萩山神の教会
東京都東村山市萩山町3−26−12
0423−91−6131


posted by whitecoat at 17:56 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

山形銀山温泉・藤屋

新建築 2006年 09月号 [損誌]新建築 2006年 09月号 [損誌]

新建築社 2006-09-01
売り上げランキング : 253504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このマニアックな建築専門雑誌に、手吹きガラスのフランス・サンゴバンの
ガラスについて紹介されたのは画期的なコトです!!!

山形の秘境 銀山温泉・旅館藤屋

設計の隈研吾建築都市設計事務所・隈研吾さんの記述 (p149) によると、
どこまでステンドグラスをリアルな建築素材に近づけ得るかに挑戦したいと考え、
ステンドグラスの製作を担当した志田政人さんは、ステンドグラスだけで内外を
仕切りたい(つまり外装材として使う)、という設計側からの注文に対して
サンゴバンの職人を説得して、5mm厚の「ヴェールダルト」と言われる淡い緑色に吹いてもらい、そのガラスにエッジング処理を施したものを作成したそうです。

P233に、ガラスを蜜蝋コーティング→バーナーで液状にして水滴をかけて
痘痕模様状にしてからエッジング加工を施す写真付き解説があります。
また、その頁内建物断面図の中に、ステンドグラス寸法仕様が記載されています。

詳しい記述・写真はこの雑誌に紹介されていますが、さすがにこのエッジング処理されたガラスのテクスチャーが写真でリアルにわかるわけではなくて、実際に見てみたいという気持ちが沸き上がってきます。

「新建築」の雑誌は、最寄りの図書館ならバックナンバーの蔵書があると思います。
なければリクエストをしてみてください。
posted by whitecoat at 19:20 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

長崎・大浦天主堂

s-061117 286.jpg s-061117 285.jpg

長崎・大浦天主堂

こちらも聖堂内は撮影禁止。
側廊部分のステンドグラスだけ目の前にして見学することができます。
祭壇側のステンドグラスは遠くから眺める形です。

側廊側の窓ガラスは、所々ガラスに傷が入った部分の色が剥げていて、
このことから色ガラスを嵌めたものではなく、透明ガラスに色を焼き付けているガラスのようです。

いつの年代のものかはわかりません。1879年改築以後、原爆で大部分が大破して修復したものも含まれている、とのことです。
大浦天主堂>ステンドグラスについて

s-061117 288.jpg s-061117 kyura.jpg

外から見た、側廊の窓・ステンドグラス。
大浦天主堂すぐ脇の敷地には、旧羅典神学校があって趣ある場が見られます。

他にも、長崎で見たいステンドグラスのある空間がありましたが
残念ながら機会を逃しました。次回の機会があれば!!

カトリック中町教会

聖フィリッポ西坂教会
posted by whitecoat at 15:46 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎・浦上天主堂

s-061117 urakami_saidan.jpg

長崎・浦上天主堂に行ってきました。



続きを読む
posted by whitecoat at 08:46 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

2006年08月29日

聖路加国際病院 聖ルカ聖堂2

聖路加病院旧病棟の内部インテリアには、アールデコの意匠や照明が
随所に見られます。

s-060819lamp 018.jpg s-060819lamp 019.jpg

中央エントランスの照明。




続きを読む
ラベル:アールデコ
posted by whitecoat at 21:44 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

聖路加国際病院 聖ルカ聖堂1

s-060819 013.jpg

聖路加国際病院 聖ルカ聖堂。

1936年竣工(礼拝堂部分)、ネオゴシック様式です。新病棟建設に伴い、保存改修工事が行われました。




続きを読む
posted by whitecoat at 09:38 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

築地本願寺

s-060819 001.jpg

先日、vitrauxさんと築地本願寺&聖路加病院のステンドグラスを見に行きました。






続きを読む
posted by whitecoat at 07:41 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

東京国立博物館 本館

s-060811 kokuritu_staind.jpg s-060811 kokuritu_zoom.jpg

1938年に開館した東京国立博物館、渡辺仁設計。
中央のエントランスから入ると大階段の空間が広がり、その階段の踊り場にステンドグラスがあります。

クリア・イエロー・ベージュの配色でこれだけ見るとステンドグラスとしては地味ですが、周りの内装のインテリアを考慮した配色とデザインです。

s-060811 kokuritu_mozaiq.jpg

一階ラウンジのモザイクのある空間。
床はモザイクタイル、壁も左官仕上げ+モザイク 
モザイクがない左官部分が凹になっているのは、当時からの仕上げのテクスチャーだと思いますが、人々が触れられる位置の部分の彫りが妙に深いのが、また味のような・・。
何故か黒電話とレトロな黒革のソファーがあって 好きな空間です。

国立博物館には他、平成館と東洋館、谷口吉生さん設計の法隆寺宝物館があって
(表慶館は改修中、今後公開するのかな?)
一度入ってしまえば一日楽しむことができるスポット。

ホテル系のレストランあり、お茶するにも有名和菓子屋が出店していて、混んでいなければ快適な時間が過ごせそうです。

若冲がてらにこの敷地内の展示を色々見たら、見るところがありすぎて本当に疲れまくりました。
posted by whitecoat at 18:16 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

横浜・氷川丸

s-060701 058.jpg s-060701 058-z.jpg

横浜山下公園にけい留されている氷川丸

特別室のステンドグラスを見に行ったのですが・・・。


続きを読む
posted by whitecoat at 18:52 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

大阪のビジネスホテルにて

s-060624 kikuei.jpg 大阪市内で宿泊したビジネスホテル

フロント脇にあったステンドグラスのパネルです。
花の部分には石のスライスが使われ、ガラスの柄の使い方、色の選び方が
素晴らしいな〜と思いました。

パーテーションとして嵌められているので、ガラス越しに蛍光灯の光や
雑景が入ってしまうのが残念に思います。太陽の光だったらどんな風に
見えるだろう・・・と思いをめぐらす良い作品です。

10年ほど前、神戸のとても若い作家さんが作られたとか、現在30才くらいの方
だとホテルの方が仰ってました。

■大阪難波 ビジネスホテル菊栄
 大阪府大阪市浪速区日本橋3-6-4
posted by whitecoat at 22:28 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

東京人@東京宗教建築

s-060607 toukyoujin.jpg

本屋で見つけました。
東京人7月号 特集「東京宗教建築」

日本古来の寺社仏閣ではなく、チャペルがメイン。
ぺらぺらめくってみると 見学したい施設の住所や見学可・申込み制など
データが細かく書かれているので「買い」。

前々から望んでいたのですが、この雑誌が実現するきっかけになりそう、
聖路加病院・聖ルカ聖堂と、以前休日に行って門前払いになった
東京女子大チャペルには近々行ってみたいです。

小特集の東京の地方物産館案内にも心惹かれた・・・のは言うまでもないのですが。

東京にいらっしゃるかた、是非本屋さんでチェックくさだいまし。

そうそう、皆様。
オススメのステンドグラスのある空間 ご紹介ください!
posted by whitecoat at 20:48 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

資生堂パーラーのステンドグラス

s-shiseido.jpg

銀座・HOUSE OF SHISEIDO と資生堂ギャラリーで都市に生きるアールデコ展が
展示中なので見に行ってきました。

1928年(昭和3年)銀座に資生堂がアールデコ調の店舗をオープンし
その建物に使われたステンドグラスが展示されています。

同じデザインの3枚のパネルは、今でもあの赤い資生堂ビルの中で見ることが
できるそうです。どうやらレストランの個室に使われている様子なのですが
見学するにしても敷居の高い食事を兼ねてでないと・・・というもの。

わざわざ、このパネル目当てに見に行くというものではないとも思いますが
通りがかる機会があれば、無料だし(笑)お立ち寄りになってください。


s-banies.jpg

HOUSE OF SHISEIDO の近くを歩いていたら、バーニーズが入っている交詢ビル
保存建築のファサード(外壁意匠って言ったら通じるでしょうか・・)のガラス窓に
ステンドグラスが入っているのを発見!
(調べてみたら、チューダー朝ゴシック様式 なんだそうです)
昔は「交詢ビルヂング」というレトロな名前のビルでした。

ステンドグラスは見学できるのかな・・?建物の中から見たい!
しかし・・・ちょっと急いでいたのでスルー。
次回機会を見て調査!してみます。
posted by whitecoat at 23:41 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

山本有三記念館

s-yamamoto_st_1.jpg

ジブリ美術館の帰りに山本有三記念館に立ち寄りました。

続きを読む
posted by whitecoat at 18:55 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。