2008年04月06日

ケイムナイフを研ぐ

s-080405 008.jpg s-080405 011.jpg

教室でのパネル制作(遅遅と進みませんが、通ってます)でケイムナイフの切れ味が悪くなりました。目で見て刃は欠けているし。
変わった形の刃で研磨は難しいので、片刃だけ研ぐように(両刃やろうと思っても刃こぼれするので)、先生から指南いただきました。


研ぐのが好きな家人に研磨を託しました。
「どこまで研磨したらいいのかサッパリわからない」と言っていましたが
研磨後のケイムナイフでは鉛線がさくさく切れます。
道具はいつもメンテナンスしなくてはいけませんね。

私が手持ちのケイムナイフはこれ1本です。
工房の先生はケイムナイフこれ1本で器用に作業をこなしています。
私は使い方がおぼつかない状態。

先日、友達が持っているケイムナイフを見せてもらったら5,6本出てきました。
写真のような円弧の刃ものもありましたが、それはあまり使っていないと言っていました。だいたい刃の部分が彫刻刀の平刃のようなタイプものでカットし、刃の幅の違いで使い分けているようです。市販のケイムナイフ以外に、サッシへらを研いでケイムナイフにしているのもありました。それぞれに使いやすい道具を見るのは面白いです。

皆さんはどんなケイムナイフを使っていらっしゃいますか?

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。