2008年02月21日

美の壺 「和のステンドグラス」

放送のお知らせです。

22日(金)夜10:00〜 NHK教育 美の壺

「和のステンドグラス」放送予定です。

どんなお話しが見られるのか楽しみです。


■後記■

道後温泉で昨年発見されたというガラス。
なんでも鑑定団の出張鑑定でも登場したのを観た方もいらっしゃるとは思いますが、
「ガラスに気泡が入って表面が歪んでいるので、古い板ガラスである」
と鑑定の方が評価したのには絶句してしまいました。
鑑定した方も、現在でも手吹き円筒法の板ガラスが製造されていることを知らないのかもしれません。

参考 ガラスの王国>ガラステクノランド
   >板ガラスの製造方法>板ガラスの製造技術の歴史>円筒法

手吹き円筒法の板ガラスには気泡が入り表面に歪みもあります。色の入り方も不均一な場合もあります。不均一で気泡が入っている分、光が入ったときガラス表面が輝きフロート板ガラスとは全く次元の違う美しさを感じるのです。

手吹き円筒法の板ガラスが現在でも製造されているということは一般の方は勿論、インテリア・建築業界の方にも全くというほど知られていません。本当に残念です。改めて手吹き円筒法による板ガラスの存在を広められるよう努めたいと思いました。

放送で紹介されたステンドグラスは綺麗で、
その主役たるガラスを建具が演出しているということも強く感じました。
建具職人も今はほとんどいなくなってしまいました。
空間の統一感を演出したいと思ったとき、ステンドグラスを一つ取り付けようとしても受難な時代になりつつあります。
希少な建具職人さんも大事にしなくてはいけませんね。




posted by whitecoat at 17:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。