2007年07月23日

鉛線・ケイム

s-0707020 0121.jpg

工房にある鉛線、ケイム。

鉛線にはいろいろな種類があって
ガラスの厚みや重量、強度によって使い分けます。

アンチモン含有量で柔らかさが違うハードタイプとソフトタイプ。
ウェブ部分に真鍮の補強材が入った、より頑丈なタイプ。
フランジ・ウェブの大きさもいろいろあります。

ソフトタイプなら、ケイムナイフで切り落とせますが
ハードになるとおぼつかなくなり、
真鍮が入るものは、ニッパーを使ってカットするのですが
力一杯ニッパーを握っても、真鍮材部分だけ残って切り落とせず
しかし、先生なら一発で何でもバツンと仕事ができて・・。

「おいおい〜もっと力を付けて (体力も) くれよ〜」

と、いつも教室で先生に はっぱかけられてます。
いやーーもうすでに体力は下り坂なんですが・・・・
ケイムをマスターするのには、まず体力です。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。