2008年06月29日

ノートルダム バシリカ聖堂/ニース・フランス Basilique Notre-Dame

s-0806011 basllque2.jpg

フランス・ニースのノートルダム バシリカ聖堂。

ノートルダム

バシリカ

ニース市内でも最大の大きさの聖堂です。
旧市街のバロック様式の建物や、ベルエポックの時代のスタイルを継承する町並みの中で、何故かゴシック様式・・・・・?

建設は1864〜68年。
設計者 C. Lenormandが 教会はゴシック!という意志があったのか
それとも、建設を要望した人たちがゴシックにして!と嘆願したのか?
周囲には椰子の木の植栽までもある、異色といえば異色な建物です。


大きな地図で見る

s-0806011 basllque3.jpg

s-0806011 basllque_n1.jpg s-0806011 basllque_n2.jpg

現代になってとり付けたものなのでしょうか、こんなデザインのパネルも嵌っていますが、うーん・・。奧にある伝統的なものを見てしまうと、より物足りなさを感じてしまいます。ステンドグラスパネルと空間との相性・調和を図ろうとすること、実はすごく難しいことなのだと思います。

s-0806011 st1.jpg

s-0806011 st2.jpg

s-0806011 st3.jpg

s-0806011 st4.jpg

s-0806011 st5.jpg

デジカメでの青(特に紫がかった青)の再現性はないし
あとで加工しようにも、どうにも復元はできません。
(もしフォトショップでの青の復元方法をご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいませ!)
もっともっと綺麗な青でした。

ステンドグラス制作は C. Champigneulle という方です。
とても綺麗なステンドグラスでした。

ニース旧市街の中に、バロックのミゼリコルド礼拝堂(Chapelle de la Misericode)があります。相当見応えがあるようなのですが、週1回火曜日の午後しか見学できません。あいにくその火曜日は滞在してなくて残念でした。外観はかなりボロボロで大丈夫かな〜と心配になるような姿でしたが・・・。
posted by whitecoat at 23:29 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。