2008年07月03日

サン・レパラート大聖堂/ニース・フランス Cathédrale Sainte-Réparate

s-0806011 400.jpg

ニース旧市街やコートダジュールに点在するの港町には、バロック建築が多く目につきました。
イタリア・ローマ周辺でバロック建築が華やかに開花したものを、人々は憧れ、町が豊かになればそれらを模倣し、リグリア海沿岸沿いにバロックは広まったのではないかと感じます。

バロック=歪んだ真珠 バロック建築

故・黒川紀章さんが、若尾さんに「あなたはバロックのような方だ」
と言って口説いた逸話は有名ですが、「歪んだ真珠」という意味を知っていたら、ムッとするんじゃないかと、、。

追悼番組で偶然にも、若き黒川さんと若尾さんとのまさにその対談シーンが流れて
あなたはバロックのような方だ」と若尾さんにストレートに言い、それに加えて「バロックとは美しく、良きも悪きも含めて、それが女性の うんたらかんたら・・・・」と説明していて・・・。

口説き方にもいろいろあるのもだなぁ〜と思いますが
高嶺の花にはムツカシー会話が効果があるのかも・・・・!?


話は逸れましたが、バロック建築には美しく華やかなものもあるし、
おどろおどろしく醜い と思えてしまうものもあります。
好きかどうかは見る方次第だと思いますが、黒川さんの「良きも悪きも」の意味合いと重なるものを感じます。

過剰とも言える装飾のためか、色鮮やかなステンドグラスはこの建築にはあまり見られません。天空からの光(クーポラ)や窓からの自然光でバロックの装飾をよりよく見せている建築が多いのです。

ニース旧市街にも沢山のバロック建築が見られました。
全ては見て回れませんでしたが、わりと品のあるバロックと感じました。

s-0806011 409.jpg

サン・レパラート大聖堂La Chatedrale Sainte-Reparate
建設は1650 から1699年。


続きを読む
posted by whitecoat at 22:53 | TrackBack(0) | 光のある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。