2007年08月25日

アンティークガラスの製造風景

ネットでアンティークガラスの被せガラス(フラッシュともいいます)の色と品番を探しているときに、アンティークガラスの製造方法の写真やビデオがあるのを見つけたので、ご紹介します。

ランバーツ(ドイツ)

>Genuine Antique
>Restoration Glass
>Light Antique Glass
>Cathedral Glass   (カテドラル?orキャセドラル)
>Genuine Roundels   (ロンデル)
>Cast DALLES     (ダルガラス)

写真付きでガラスの製造風景が見られます。アンティークガラスの他、カテドラル・ロンデル・ダルガラスの製造風景も見られます。
よく聞くキャセドラルガラスとは大聖堂のカテドラルという意味でした。
仏語の辞書で発音を見てみても 【katedral】 ですね・・。
キャセドラルの発音由来って何でしょう・・・・?

ネットの自動翻訳にかけると、変な日本語に変換されますが、ニュアンスはわかります。


サンゴバン サン・ジュスト(フランス)

左メニュー上
Go to English Version に切り替えて

画面右上 
>new video (Verrerie de Saint-Just)

ビデオの途中途中、解説で途切れますが、アンティークガラスがどのように作られるのか、リアルにわかります。
最初のビデオ再生は、取り込みに時間がかかるのか
プレイボタンを繰り返しクリックしながら時間がちょっとかかりました。
再度、最初から見ると滞りなく見ることができました。


ランバーツとサンゴバン、アンティークガラスの製造方法で
微妙に違いがあるのかな、と思うところが何となくわかります。

分業制でそれぞれの熟練したプロたちが作り出すガラス
高価だけれど、とても美しい理由はプロたちの情熱の成果、なのではないでしょうか。

2007年08月12日

パネル制作2

s-070812 panel2.jpg

アトリエ・ミュージデでの第二制作課題。

モノトーン・直線構成(デザインは自由)
ベベルガラス使用、鉛線太さを変えることによるデザイン。

ベベルガラスは小さくても高いので、正方形ものを一つだけ入れることにしました。
そして、これもガラス板のサンプルにするので、全部違うガラスパーツになるよう、見せたいガラスは面積が小さくならないように考えます。(でも見せたいガラスが多いのが悩み・・・。)
続きを読む
posted by whitecoat at 11:01 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ペルノーグリーン

s-070807 pernod1.jpg

ペルノー、アブサン。
アニス(八角)やハーブの香りのするリキュール。

ラベルに、「19世紀の著名な芸術家たちがインスピレーションを求めて愛飲したことは有名なエピソードです。」と書かれてます。

家人君、これを飲んで何か良いインスピレーションが沸いたのかね?
私はペルノーの香りが嫌いです。

でも、この瓶の色と形はお気に入りです。
このグリーンの色のガラスで何かを作りたい。

2007年08月02日

アメリカ/ジョンソン・ワックスビル

フランク・ロイド・ライトが設計したジョンソン・ワックスビル。
本で初めて、そのオフィスの空間を見たときに、昔むかし百科事典で見た
海外のアリの巣の内部と同じ〜〜!(巣の中に同じ形の柱がいっぱい林立していたのです。)とびっくりしましたが、ライトの発想の元はサボテンだったそうです。

自然光に溢れるオフィス空間は、仕事をするのにも気持ちよさそうです。
同じく、自然光で美術品を見るべきというコンセプトのキンベル美術館(ルイス・カーン設計)もすごく良い空間です。資料が集まったらご紹介したいと思います。

ヨドコウ迎賓館 ジョンソン・ワックス本社ビル
posted by whitecoat at 22:14 | TrackBack(0) | 光のある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

ピンクの板ガラス

s-070801 1042U.jpg

ステンドグラス材料の板ガラスには、手吹きで巨大な円筒状に吹いて
それを切り開いて板状にしたガラスがあります。アンティークガラスとも言われますが、
昔作られたからアンティークという意味ではありません。

手吹きのガラスは、それはそれは綺麗で、見れば見るほど良いものです。
お値段も高く、主にドイツ・フランス、少数ですがアメリカからの輸入品です。

どうしてもピンクのアンティークが欲しくなり、最寄りの大型ホビーショップで見てみたら、目が飛び出る価格。工房の先生から、ピンクの発色には金を使うので、とりわけ高いと聞きました。工房経由で購入すると大幅に安くなるけれど、それでも私にはとっても高価・・・。悩んだ末、清水の舞台から飛び降りまして・・・。

ランバーツ1042Uノーマル。被せの板ガラス。
気に入っています。他にはありませんからねぇ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。