2006年12月25日

山形銀山温泉・藤屋

新建築 2006年 09月号 [損誌]新建築 2006年 09月号 [損誌]

新建築社 2006-09-01
売り上げランキング : 253504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このマニアックな建築専門雑誌に、手吹きガラスのフランス・サンゴバンの
ガラスについて紹介されたのは画期的なコトです!!!

山形の秘境 銀山温泉・旅館藤屋

設計の隈研吾建築都市設計事務所・隈研吾さんの記述 (p149) によると、
どこまでステンドグラスをリアルな建築素材に近づけ得るかに挑戦したいと考え、
ステンドグラスの製作を担当した志田政人さんは、ステンドグラスだけで内外を
仕切りたい(つまり外装材として使う)、という設計側からの注文に対して
サンゴバンの職人を説得して、5mm厚の「ヴェールダルト」と言われる淡い緑色に吹いてもらい、そのガラスにエッジング処理を施したものを作成したそうです。

P233に、ガラスを蜜蝋コーティング→バーナーで液状にして水滴をかけて
痘痕模様状にしてからエッジング加工を施す写真付き解説があります。
また、その頁内建物断面図の中に、ステンドグラス寸法仕様が記載されています。

詳しい記述・写真はこの雑誌に紹介されていますが、さすがにこのエッジング処理されたガラスのテクスチャーが写真でリアルにわかるわけではなくて、実際に見てみたいという気持ちが沸き上がってきます。

「新建築」の雑誌は、最寄りの図書館ならバックナンバーの蔵書があると思います。
なければリクエストをしてみてください。
posted by whitecoat at 19:20 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ヨーロッパ天使の旅

ヨーロッパ天使の旅ヨーロッパ天使の旅
若月 伸一

東京書籍 2003-09
売り上げランキング : 187145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


天使を見ると、何故か懐かしい気持ちになる。
主にヨーロッパの大聖堂の中の天使たちが紹介されていますが
各地さまざまな表情を魅せる天使たちとともに、荘厳なステンドグラスの色の光も
とても綺麗です。
posted by whitecoat at 08:40 | TrackBack(0) | ステンドグラス・ガラスの書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

福砂屋長崎本店

s-061117 fukusaya.jpg

カステラの福砂屋(ふくさや)長崎本店。
長崎には、気が遠くなるほど沢山のカステラ屋さんが存在していますが
その中でも、文明堂松翁軒と こちらの福砂屋が三大老舗カステラ店です。
それぞれの総本店は、昔からの趣と佇まいを残して存在しています。
※こちらの文明堂の支店は九州・中国・四国地方しかなく、
 その他の地域にある文明堂は、どうやら暖簾分け店舗の模様。

続きを読む

2006年12月18日

ポッペン 歌麿のビードロを吹く女

大浦天主堂の見学の帰り道には、主に修学旅行生のための?お土産屋さんが並んでいます。長崎らしく、ガラスの風鈴の上部に柄の付いた長さ15cmほどのラッパガラス形状ものが売られていました。その場で絵付けや名前のエッジングを施し、価格は600円ほどだったでしょうか、記念に買い求める学生さんが多かったです。

これは、ポッペンというもので、吹いて音を鳴らすもの。
何で音が鳴るのかというと、薄いガラスの膜を、吹く空気の圧力で音を鳴らすと言う仕掛け。これはどうやって作るの〜!!と調べてみました。


篠原まるよし風鈴さん>ポッペンの作り方
篠原まるよし風鈴さん>商品・びーどろ・ポッペン

すごい技ですね〜、
それに、 歌麿のびーどろを吹く女 の版画を見て、これのことなんだ!合点。

2005年3月に長崎市の長崎奉行所跡周辺から国内最古の吹きガラス製玩具「ポッペン」が出土したことが長崎県教育委員会が発表したとニュースになってます。

以下、ニュース文抜粋
県教委は「もろいガラスが土の中から見つかったのは奇跡的」と話している。
県教委によると、中国から日本に吹きガラス製造が伝わったのは17世紀後半。
これまで確認された最古の国内製吹きガラスは1714年製の器。
出土した玩具は文献や成分分析から同奉行所の建て替えが始まった
1715年以前に使われた可能性が高く、国内製吹きガラスとしては最古級となる。
玩具は長さが8・8センチ、直径が最大4・5センチ。
一部が割れて失われた状態で見つかった。
排水溝跡から壊れた陶器やげたと一緒に発見されたことから、壊れた後に捨てられたとみられる。


こんなガラスの玩具を考え出すなんて、昔の人はスゴイですね・・。

2006年12月16日

長崎・大浦天主堂

s-061117 286.jpg s-061117 285.jpg

長崎・大浦天主堂

こちらも聖堂内は撮影禁止。
側廊部分のステンドグラスだけ目の前にして見学することができます。
祭壇側のステンドグラスは遠くから眺める形です。

側廊側の窓ガラスは、所々ガラスに傷が入った部分の色が剥げていて、
このことから色ガラスを嵌めたものではなく、透明ガラスに色を焼き付けているガラスのようです。

いつの年代のものかはわかりません。1879年改築以後、原爆で大部分が大破して修復したものも含まれている、とのことです。
大浦天主堂>ステンドグラスについて

s-061117 288.jpg s-061117 kyura.jpg

外から見た、側廊の窓・ステンドグラス。
大浦天主堂すぐ脇の敷地には、旧羅典神学校があって趣ある場が見られます。

他にも、長崎で見たいステンドグラスのある空間がありましたが
残念ながら機会を逃しました。次回の機会があれば!!

カトリック中町教会

聖フィリッポ西坂教会
posted by whitecoat at 15:46 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎・浦上天主堂

s-061117 urakami_saidan.jpg

長崎・浦上天主堂に行ってきました。



続きを読む
posted by whitecoat at 08:46 | TrackBack(0) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

2006年12月13日

リトルヒーターグラススタジオ教室展

追加スランピングを直ぐに仕上げていただいたお陰で、昨日搬入することができました。

リトルヒーターグラススタジオ教室展展示の様子も写真に撮ってきましたのでご紹介。

s-061212 002.jpg s-061212 003.jpg

他にも作品はたくさん・・・
posted by whitecoat at 08:53 | TrackBack(0) | Glass Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

White Tree

s-061209 tree_rump.jpg

やっと完成しました。

続きを読む
posted by whitecoat at 18:37 | TrackBack(0) | フュージング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

教室展に向けて2

s-061102 001.jpg s-061102 002.jpg


教室展へ向けて の続き
作った型に石膏を流します。石膏型は教室の電気炉の最小炉の大きさに入る寸法で
時間のロスが出ないように、ということです。
時間も迫っているので、石膏型を2つ作りました。

s-061204 002.jpg s-061102 004.jpg

本当はガラスをフュージングで自作するのが一番良いのですが、
手っ取り早く、家にあったステンドグラス用のガラスをスランピングしました。

4種類、スペクトラムとウロボロスの白色を、660℃1時間ホールドでスランピングしています。スランピング温度ならばガラスの表面は変質しないだろうと思っていたのですが、焼き上がりのガラスの表面には白い膜が出てしまい、ラッピングフィルムで磨いても取り除くことができません。綺麗にするのにはそれなりの磨き工程をしないと無理そうだし、白のガラスで目立たないのでそのまま使うことにしました。

ステンドグラス用のガラス、どうもスランピング温度にも綺麗な仕上がりにと思うと・・・向かないようですが、他にスランピングやってみた方の感想はいかがでしょうか??

s-061204 reaf.jpg

スランピングしたパーツは100枚超えてますが・・・
組み立ててみると・・・足りないという事実に先ほど判明。。。
もう1回ほどスランピングしなくては。
明日から教室展なのですが、搬入遅れてスミマセン、先生。。。。

posted by whitecoat at 17:35 | TrackBack(0) | フュージング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

唐津の宿のあかり

s-061117 youyou.jpg

唐津の宿にあった照明。ステンドグラス+サンドブラスト
色の光の陰が綺麗です。
posted by whitecoat at 00:11 | TrackBack(0) | ステンドグラス作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。