2005年11月30日

ステアリン

s-sutearin.jpg

フラックスのことで問い合わせていたメーカーから、私が使用しているペーストB
よりも体に刺激の少ないフラックスのサンプルを送ってくださることになり
届きました。

開けてみると・・・これって ステアリン!!?

問い合わせてみたら、やはりステアリンでした。
これも換気が必要な成分が入ってますので、決定的な解決法にはなりません。
実際に使ってみると、このステアリンでも私にはマスクと換気は
必要不可欠です。

試しに、これで半田付け。半田するラインにろうそくをこすりつけるようにつけて
その部分に半田を盛っていきますが・・・、活性化が低いようで・・・。
平らな部分の半田付けなら十分ですが、立体や小さい小物・複雑な形状には
向かないですね、、、。

因みに、こちらのステアリンと先生お手製のステアリンと比較しましたが
使用感の差は無い、感じました。。

最近は仕方なしにマスクして台所換気扇の下でやってます。
あんまり台所ではやりたくはないのですが、寒さで風邪をひいては
いけませんので・・。

2005年11月29日

艶出しワックス

以前、KOSKEさんブログでポリワックスのことを知りました。
教室で先生にポリワックスのことについて聞いてみたら、他にフジワックス
というのもあるそうなのですが、艶出しコーティング材で靴磨きでも良いのだとか。。

なので、やってみました! 艶出しワックス VS 靴磨きクリーム

パティーナがけしたエッフェルに 教室の方の艶出しワックス(フジワックス)
と靴磨きクリームをかけてみたときの仕上がりの様子を比較。
ワックスがけ直後に見た感じは、フジワックスのほうがつやつやしていますが
1日経って見てみたら、、あんまり差がありません。若干フジワックスのほうがいいかな?
という感じでした。

家にあるもので済ませましょう!以後、パティーナがけのあとは靴磨きでみがみが。

靴磨きもいろいろあって、道具持ち・家人所有の透明系で比較してみたら
柔らかい皮専用のジェル状クリームの方が使いやすく、仕上がり艶も良いようです。

s-mink_oil.jpg 固いペースト状  s-wax_jel.jpg ジェル状クリーム


では、天然石にカパーテープを巻いてパティーナをかけたあとに
ジェル状皮クリームをかけたときの比較!

s-wax_before.jpg 使用前  s-wax_after.jpg 使用後

ワックスで磨くと艶も出ますが、色も若干濃く見えます。

s-neck.jpg 完成後。。渋〜いネックレスになってもらいました。

2005年11月26日

Vivaceさん@デザインフェスタ2005

s-Vivace_ 7.jpg 

今日、明日と東京ビックサイトで開催されているデザインフェスタに出展されている
Vivaceさんを訪問しました。

様々なジャンルの手作りものの展示販売やパフォーマンスまであり、
会場の雰囲気に圧倒されつつ、Vivaceさんのブース発見。
やはり、サスガです。こちらのブースは人が次々と立ち寄ってきます。

s-Vivace_ 10.jpg s-Vivace_ 9.jpg

どれもとても素敵な作品ばかり、ガラスの色あいが綺麗に取り入れられていて
存在感があります。それにまた想像以上にちちゃい!ものが沢山!!
本当にカワイイ〜♪♪

Vivaceさんには3人の作り手さんがいらっしゃるのですが、
その中のお一人takakoさんの作品にも心惹かれます。。。

s-Vivace_ 4.jpg s-Vivace_ 6.jpg

写真でみると判りにくいのですが、本当に可愛くて手にとると
思わずにんまりしてしまう、そんな小物たちです。

是非、実物を手にとってみてみてくださいね♪
posted by whitecoat at 16:51 | TrackBack(0) | ステンドグラス作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

アキバで電材探し

ピンクのエッフェルに照明を入れるつもりでいたのですが
ステンドグラス用の電材寸法がやたらごつい、ということを後になってから
わかって四苦八苦しています。。。それに何かと高い・・・。

照明を入れる寸法があまりないので、とにかくスリムでシンプルな電材で
接続&設置するしか他なく、ユザワヤや近くのホームセンターを探したのですが
やっぱり納まりそうな器具がありませんでした。

最後の砦!?秋葉原。
続きを読む
posted by whitecoat at 19:23 | TrackBack(0) | LEDや電球・照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

固っ!

s-orenge_hard.jpg

頂いたガラスの中に、マットな色のオレンジのガラスが入っていました。
透かしても光があまり通りません。何に使おう??このル・クルーゼ色のガラス。

・・・そのまんま、ル・クルーゼになってもらいましょう。

さてカットをしてみたものの、割合大きなピースならばカット出来るのですが
小さいピースは全く切り取り出来ませんでした。めちゃ固。
このガラス、何なんだろう?ひょっとして高いのかな〜。どなたかわかりますか??

 (後日談:先生にお見せしたら、「ヤッカゲイニ」 と仰ってました。)

色々TRYしましたが、やっぱり小さく割り取ることができなかったので
ポットの蓋と注ぎ口は他のガラスを使うことにしました。
カットが上手になったら、切れるようになるのかしらん???

s-le creuset_ 1.jpg ルクのへらと集合写真ぱちり。
posted by whitecoat at 18:07 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

割りばし VS テープへら

カパーテープをごりごり貼り付けるのはNGのお話をしましたが、
割りばしで さっとカパーテープを押さえ貼り付けたものと
テープへらで ごりごりとカパーテープをしごいて貼り付けたものと
半田付けがどう変わるのか実験!

s-hikaku_hera.jpg

サンプルを作り写真を撮りましたが、この画像では全く違いがわからんですよね〜。
実際に見ると、その差がわかるほどのサンプルです。(笑)
かなり細かい凹凸が付いた型板ガラスを使ってみました。

同じように半田付けしてみましたが、なーんだあんまり変わらないじゃん
という出来上がりで、半田のあと洗浄してよーーく見てみました。

型板の凸凹の面はしごいて貼った方も特に浮いた様子はなし。
割りばしサンプルも、浮かずにちゃんと付いていることを確認。
むしろ、割りばしサンプルの方がカパーテープに凹凸がひびいていないので
半田の盛りの形状はキレイです。

あまり目立った違いはないか・・。

とガラスを裏に返してしげしげ見る。水平にもって見てみる。

あ、ビミョーに浮いているところあり@ゴシゴシサンプル。
ガラスの平らな面の方のカパー部分が浮いて隙間が空いているところがあり。
割りばしサンプルの方は、そういう隙間ができていないんです!
画像でお見せ出来ないのが何なんですが・・・

しごいちゃいけないって本当みたい。。。

しごかなければ、テープへらでも良いはと思うのですが、
割りばしのしなやかさがテープ巻きに合っているとのことです。

ミトンと帽子

s-miton_ 1.jpg

クリスマスまであと一月。
年賀状の商品を見る度にうんざりしてくるのは何でだろう?
あれは毎年めんどっちー。

頂いた赤いガラス、これもジュエリーボックスのスモーキーグリーンと
同じガラスみたいです。
マーカーで型どったままの姿で我が家に来たのもありましたが、
洗剤で洗ったりメラミンスポンジでこすってみましたが
微妙に跡が消えません。化学変化起こしている様子。
こんな場合、どうしたらいいでしょうか?もうダメ?

オーナメント、今度はかなりちびサイズに作りました。
作りながら不安になる、こんな作り方でいいのかな〜?
また先生にチェックしてもらおっと。
posted by whitecoat at 17:37 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

吸煙器について調べてみましたが・・・

どんどんと寒くなってきました。
寒くなると 換気もイヤになってきます。
この冬の時期にもステンドグラス制作ができるかどうかは
半田対策に左右されるので、死活問題!!?

まずは、ネットで吸煙器の製品情報や性能を調べてみることに。
すると・・・こんな記事がありました。

半田付け講座 吸煙器

んーーなるほど〜 フィルターが目詰まりするか・・・。
確かに埃が多いだけで、フィルターってすぐに目詰まりするしね・・。

けれど、仕事で1日吸煙器を使うのと、趣味で時々使うのと
どのくらいフィルターの持ちが違うのかな・・・。
どなたか吸煙器使用されている方、いかがでしょうか?

でもですね・・・↑サイトの中で紹介している写真の吸煙器
あれは外気に煙を押し出すのが前提のもの のはずなので、
ダクトを作って窓に取り付けるか、結局窓開けなくてはいけませんねぇ・・・。

蛇足トリビアなんですが、比較的最近、台所換気扇メーカーさんに直接聞いた話。

台所のレンジフードに付ける白い使い捨てのフィルター、よくホームセンターに
売ってますよね。
あれってすぐに目詰まりして、換気能力ががくっと落ちるんですって。
だいたい2週間くらいで落ちるんだとか・・・。
油ものが続いたら あっという間に色が付くもんね、、、

聞いてみて、そりゃろうだろうなと思い、それまで使っていた使い捨て
フィルターを付けるのを辞めました。
換気扇本体付属のフィルターが早く汚れるようになりましたが、
こまめに洗うしかないよねぇ。なかなか家事は楽にはならないもんだ・・。

posted by whitecoat at 18:30 | TrackBack(0) | 鉛フリー&煙対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

マスク

s-mask 003.jpg

半田作業をする時の頭痛対策、まずはマスク。

薬局で高性能フィルター?がついたマスクを購入。

「ウィルス・花粉・細菌・NOx をカット!」
「洗濯して使用することができます
 (繰り返し洗濯で効果が減少する場合もあります)」

と書いてありますが・・・まぁ、あんまり信用しないで
使い捨てマスクと二重にして先日、教室の日に臨みました。

教室スタートの時間からずっとマスクを付けていたので
「あら〜お風邪ひいたの?」と言われてしまいました(笑)
でも、先日の教室では頭痛発生しませんでした。良かった〜!

ただ、目がしみてくるのでゴーグルも付けたのですが
マスクと併用すると、曇るんですよね〜、、、

今、メーカーさんや半田こてのお店の方と煙対策でいろいろと
お聞きしています。やりとりをしているうちに、吸煙器よりも
まずは、一番の元凶らしいフラックスを変えてみるべきではないか、
と思うようになりました。

取り寄せしてテストしてみたらまた報告します。

posted by whitecoat at 18:56 | TrackBack(0) | 鉛フリー&煙対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ジュエリーBOX

s-051111 sugata.jpg s-051111 sugata.jpg

完成後のジュエリーボックスを先生にチェックしてもらいました。
よく頑張ったわね、と褒めて頂きました。やったー!
勿論、注意点もピックアップして頂きました。






続きを読む
posted by whitecoat at 21:14 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

伝統に学ぶステンドグラスT

4817080914伝統に学ぶステンドグラス〈1〉―パネル技法から基本絵付けまで
志田 政人 草間 幸子
日貿出版社 2005-03

by G-Tools


いろいろな方から、この本はオススメだと聞いていました。
買うのも高いので、図書館にリクエストして取り寄せました。

見やすくわかりやすく纏められていて、
パネルの技法と絵付けの解説がメインなのですが
ガラスのカットの仕方の紹介もあり、初心者な私にも参考になりました。

先生が作っていた「ステアリン」というフラックスの作り方も載っていました。
ステアリンは この ページの写真の中の、上にある白い蝋燭のような固体です。

フランスのステンドグラス学校では、ステアリンだけを使って作業していたと
私の先生の、そのまた先生が仰っていたとか。
体にもガラスにも、より優しいフラックスです。

一度だけ使ってみたことがあるのですが、とても扱いにくかったです・・。

posted by whitecoat at 17:48 | TrackBack(1) | ステンドグラス・ガラスの書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉛フリー&煙対策プロジェクト

ステンドグラスやガラス工芸は楽しくやりたい!
楽しくやるのには体が資本!体をこわした経験ある私には
体に負荷をかけないように努力することにこと欠かせません。


そこで、鉛フリー&煙対策プロジェクト

あくまで、私にとってベターな手段の模索なので、その模索の結果は
私にしかメリットはないかもしれませんが、皆さんの豊富な経験からの
アドバイスがあれば、少しでも前進すると思います。
どうかよろしくお願いします。

早速ですが、薬局で高性能マスク?を買ってきました(笑)
NOxをも遮断するって書いてあるので、これは期待できるかな・・。
使用感は後日レポします。

posted by whitecoat at 17:05 | TrackBack(0) | 鉛フリー&煙対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

頭痛の種は半田作業

私はやっぱり過敏なのでしょうか・・・。

半田作業をしていると頭痛がしてきます。
もう確実に、半田が原因です。
フラックス、液体よりもペースト方がまだマシですが、それでも です。
窓を開けて扇風機を回していれば少し大丈夫、
でも寒い〜し、窓から風が入ってきたら扇風機では太刀打ちできません・・。

今の先生曰く、台所の換気扇の下でやるのよ!と仰っていたので
ガスレンジの上にベニヤを置いてやってみましたが、我が家の換気扇
能力は乏しく、やっぱりダメ。頭痛。

余談ですが、オーソドックスなプロペラファンの方が換気能力があります。
マンションなどによく付いているシロッコファンのタイプは
ダクトの空気抵抗があるので換気能力が落ちるんです。
うちのは超ボロイ、シロッコファン。

先日、教室で4人一斉に半田作業していたら、もうその日は
頭が痛い痛い。。目の奥が痛むような痛みです。
教室の後、いつも体がぐったりとなるのは半田のせいですね、きっと。

これは何とか問題を改善するしかありません。
しかもこれから冬。換気もままならないです。
それとも冬はステンドグラスは休止するか?

そういや、はんだこてメーカーに半田吸煙器があったけ・・。
フィルターに有害物質を吸着させるものです。

調べてみると・・うっ、高い。

うーん、フィルターだけ買って安い卓上ファンに貼り付けようかな・・。

アキバに行って、何か安くていいものあるかどうか
探さなきゃだめかな〜泣。

半田でお悩みの方、どうしていますか???





posted by whitecoat at 21:55 | TrackBack(0) | 鉛フリー&煙対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場合わせ

9月から通い始めた教室での初作品は、頂いたガラスでエッフェルもどきの作成です。

s-051101 029.jpg

先日、立体に半田付けしました。
空いている部分は棚になる予定、設計段階で棚の納まりの方法が浮かばず、
先生が「後から考えましょう、まずは作っちゃいましょう」ということで
ここまできました。



続きを読む
posted by whitecoat at 20:05 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホースネイル

s-051101 024.jpg

実は9月から自宅近くの教室に通っています。
年内で教室がクローズする、という話を聞き、お願いして編入しました。

近いことは良いことですね〜、時間になったら自転車にあれやこれやの荷物を載せて
ぴっと行くだけです。楽だ〜。
今の教室は、私を含めて6人いらっしゃるはずなのですが、いつも3〜4人です。
皆さん良いガラスを使っているので、自分の手が空いたときに
「すみません、見ても良いですか〜、、手にとって良いですか〜」とお願いして
自然光に透かして見るのがまた楽しみなんです。

私はステンドグラスを始めたばっかりであまり道具を持ってません。
先日、先生からホースネイルを頂きました。
フツーの釘でも良いんじゃないかな?と思っていたのですが、
実際に使ってみるとこれが何とも使い勝手が良い。

ホースネイルは断面が長方形、ネイルを打つときガラスのラインにぴったり
締まる。
(教室ではガラスのエッジに直にネイルを打っている人は見たことありません、
 木を当てるときに使っている模様。
 が、私は家では小さいピースには直にやっちまってます、安ガラスなんで・・)

打ちやすく外しやすい、先生の話によると粘りがある?鉄なのでガラスにも
優しいんだとか。

ホースネイルについて調べようと思ったのですが、何の鉄だかは解りませんでした。

2005年11月03日

柳田充代さんの作品展

国立アートの庭での、グラス&メタル作家の柳田充代さん作品展
行ってきました。

ヨーロッパの町の灯り、窓辺の風景、海辺のきらめきが
ガラスとメタルの素材を使って表現されています。

その風景の中から子人さんが現れて、何かのストーリーが始まりそうな
そんなファンタジーに包まれていました。

ステンドグラス工芸では、実用性から電球をよく使うことが多いのですが、
ムギ球サイズの小さな電球の光でも、ガラスは煌めくことができるんだなぁ〜
と感動。

見ていてとても楽しかったので、もう1回行こうかな♪

11/13まで、月休み

posted by whitecoat at 21:33 | TrackBack(0) | ステンドグラス作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。