2005年07月30日

ステンドグラスのあるカフェ

s-0507028_2.jpgs-0507028_1.jpg

私の実家に近いカフェ、PALTROW cafeのステンドグラス。
こんなシンプルでガラスの表情がわかるデザインが好き。

サンタフェスタイルのトイレ+こんな小窓の組み合わせはとっても素敵、必見!
posted by whitecoat at 23:51 | TrackBack(1) | ステンドグラスのある空間・日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

オーナメント作成・途中経過

s-0507028_1.jpg

窓に吊すオーナメントの制作途中。先日の教室で一つぐらいは仕上がるかと
思っていましたが、先生のアドバイスにより、もう一工程が増えたので
次回まで持ち越しになりました。

このオーナメントは手のひらサイズのものなのですが、窓辺に3コから5コ
ほどつなげて吊したいと考えているんですね。そうするとカパーホイルだけで
しかも1枚のガラスを巻いたに等しい強度では危なっかしいということで
銅線のこよりを周囲に巻き付けハンダ仕上げすることにしました。
最後に着色して完成予定です。

銅線こより作成と残りオーナメントハンダのせは、次回教室までの宿題です。
posted by whitecoat at 21:52 | TrackBack(0) | ステンドグラスを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ロンドン/ジョン・ソーン博物館 Sir Jhon Soane's House

s-Jhon Soane_out.jpg s-Jhon Soane_in.jpg

パリのジャンヌレ邸もそうだったのですが、ヨーロッパのこぢんまりとした博物館や邸宅跡などは「ここが見学可能なところですよ!」という目立つような大きな表示もないしウェルカムな外観でもなく、知らなければ中に入って見学できるなんてわからないところが多いです。

ここも例外なく、ツアー同行の人に「呼び鈴を押せばドアを開けてくれる」という情報を聞いていたため中を見ることができました。(ジャンヌレ邸も同行の人に建物の入り方を聞きました)

外観はごく普通にも思えるイギリスのテラスハウスなんですが、やっぱり外観が他のものとひとは一味違いますね〜、惹きつけるものがありました。

中に入れば以外や大勢の見学者が来ていてびっくりしたのですが、さらにびっくりするのは所狭しと飾られた博物物がおどろおどろしいほど各空間を演出しています。
天空からの光に照らされた古代オリエント?の品々をこんなに飾らなくてもいいのにと思うのですが、こういうのに却って面白さがあるんですよね。
(93.3撮影)
posted by whitecoat at 19:36 | TrackBack(0) | 光のある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

RYOBIのパワフルダイアでガラスを研磨する

s-RYOBI 1.jpg

フリーマーケットに参加するなどあれこれと忙しい日々で
ステンドグラスの教室にもだいぶご無沙汰になってしまいました。
今月行けると良いのですが・・・。


続きを読む

2005年07月07日

仏/ランス大聖堂

s-rance.jpg

パリでの自由行動の日、私がシャルトルに出かけたときに、ランス大聖堂の
シャガールのステンドグラスを見に行った知人がいました。
「シャガールのステンドグラスは、それはそれは綺麗だったよ」と
その知人は言っていました。
頂いた写真をにもその美しさが伝わってきます。

私も、是非この目でシャガールの青を体験してみたいです。
(93.3撮影)

s-rance_stend1.jpgs-rance_stend2.jpg
posted by whitecoat at 07:02 | TrackBack(1) | ステンドグラスのある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

フランス/シャルトル大聖堂 Chthedreale de Chartres

s-Chartres.jpg

早春のパリは陽が差さない日が多いのですが、
もし万が一、自由行動日の翌日晴れたら、シャルトル大聖堂まで遠征しようと
決めていました。そうしたらその翌日は、なななんと快晴♪


続きを読む
posted by whitecoat at 15:11 | TrackBack(2) | ステンドグラスのある空間・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。